国際エグゼクティブフォーラム朝食会 次回開催のご案内

「ガバナンス改革と日本企業の持続的成長」

ゲスト・スピーカー:

伊藤 邦雄氏(一橋大学CFO教育研究センター長、一橋大学大学院商学研究科特任教授)

伊藤先生はわが国の会計学・企業財務論の第一人者。経営学者としても、とくにコーポレート・ブランド経営論の唱道、グループ連結経営論のパイオニア的研究で知られています。今日、企業の経営はコーポレート・ガバナンス論議の高まりと、企業改革の強化要請によって、企業経営のあり方が本質的に問われていますが、伊藤先生はそれらの論議で主導的に発言されています。10月31日の朝食講演会では、伊藤先生に「ガバナンス改革と日本企業の持続的成長」と題して、日本企業の経営のあり方と世界(市場)で生き抜くための戦略、方策を語っていただきます。

要旨:
今進められているコーポレート・ガバナンス改革は何を狙いとしているのか。それはいかにして企業の価値創造につながるのか。最新の流れを追いな がら、今後の課題と展望を語る。

プロフィール:
〇 伊藤 邦雄(いとう くにお)
1975年一橋大学商学部卒業。1992年一橋大学商学部教授。1996年一橋大学商学博士。2002年一橋大学 大学院商学研究科長・商学部長。2004年一橋大学理事・副学長。2006年一橋大学大学院商学研究科教授。 2015年一橋大学CFO教育研究センター長(現職)、一橋大学大学院商学研究科特任教授(現職)。

〇 主な社会的活動(現任のみ)
・日本IR学会会長
・経済産業省「持続的成長への競争力とインセンティブ〜企業と投資家の望ましい関係構築〜」座長
・IIRC(International Integrated Reporting Council)Ambassador
・Governance and Nomination Committee Member
・東京証券取引所・企業価値向上表彰審査委員会座長
・経済産業省・東京証券取引所「攻めのIT経営銘柄」選定委員長
・日本取締役協会「ガバナンス・オブザ・イヤー」選考委員会委員
・経済産業省「コーポレート・ガバナンス・システム研究会」委員

〇 社外取締役
日東電工、三菱商事、東京海上ホールディングス、住友化学の社外取締役を歴任
現在、東レ、セブン&アイ・ホールディングス、小林製薬、曙ブレーキ工業の社外取締役を務める

○ 主要単著・編著
単著『危機を超える経営』(日本経済新聞出版社)2011年、単著『新・企業価値評価』(日本経済新聞出版社)2014年、単著『新・現代会計入門(第3版)』(日本経済新聞出版社)2018年 など

日時:2018年10月31日(水)
午前8時〜10時


今回はじめてご参加される方は、会員登録
(無料)の手続き(メール)を、同時にお願
いします。そのフォームは、本HPの後ろの

「入会登録ご案内」の欄をご覧ください。

演題:ガバナンス改革と日本企業の持続的成長

会場:パレスホテル東京 芙蓉(4F)


東京都千代田区丸の内1−1−1
TEL:03-3211-5211
アクセス

会費:26,000円
(朝食代込み、資料代等込み、消費税込み)
事前に指定口座までお振込ください。
振込口座は別途お知らせいたします。

お問い合わせ:
国際エグゼクティブフォーラム事務局
〒113-0003
東京都文京区本郷3-3-10-601
TEL:03-3811-5760
FAX:03-3811-2133
E-mail:info@ief-net.com


***

トップページ

ご挨拶

趣旨と目的

活動内容

企画・運営メンバー

入会ご案内

活動実績

講演要約