趣旨と目的

国際エグゼクティブフォーラム(International Executive Forum:IEF)は、1993年に設立以来、今日に至るまで、主として大手企業のトップ・マネジメント層を対象に、現代の激動する世界経済、国内経済、企業の経営問題、政治・外交、国際関係論、国際金融・為替など、時代に即した、多岐にわたるテーマについて、朝食会、研究会、セミナー、シンポジウムなどを開催し、参加者の活発な意見交換を行ってまいりました。
とくに21世紀に入ってから、世界経済のグローバル化、フラット化、ITの革新と進化によって、日本経済の仕組みや制度、企業の経営のあり方など、大きな変革を迫られています。
こうした環境下で、従来まで常識と考えられていたような経営理論や手法がもはや通用しなくなりつつあり、企業の経営者は、たえず世界の動きに目を凝らし、切磋琢磨し、知的水準を高めておかなければなりません。

このためにIEFは、皆様のお役に立ちたく、以下のような目的のためにフォーラムの機会を提供してまいります。

会社のビジョンの確立
企業経営にもっとも肝要なことは、会社に関係した当事者(社員を含めたステークホルダー)に対して明確なビジョンを呈示することである。

時代の潮流を読む
大きなパラダイムシフトが起こっている時代は、まさにビジネスチャンスであり、それをつかむためにも、時代の流れやグローバルトレンド、競争環境の変化を読み、肌で感じられるようにしておく。

イノベーション・断絶的変化を読む
他社に先んじて先行者利益を得るためにも、技術革新(イノベーション)を含め、世の中の新しい胎動や動きに敏感となり、かつ精通していかなければならない。

企業の経営者に求められているもの
企業の経営者に今いちばん求められているものは、自分自身の世界観、歴史観、経営哲学(倫理観)の涵養である。

企業経営の羅針盤
国内外の政治、経済、社会問題を分析・研究している、テーマにもっともふさわしい内外一流の識者、専門家によって、理論と実務の両面から、新鮮で最新の経営情報を提供する。

コミュニティの充実
自由な質疑と、参加メンバーの意見交換、親睦を図り、ビジネスの基礎力と豊富な人脈創造の場を提供する。

***

トップページ

ご挨拶

活動内容

企画・運営メンバー

入会ご案内

活動実績

講演要約